読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

【スノボネタ】バッジテスト1級に受かった時のお話

スポンサーリンク

今回は... スノーボードのお話

大きな目標であった

JSBAスノーボードバッジテスト1級の受験レポート

を綴ります!

 

 

その前に、ちと脱線。バッジテストを前に、

ビンディングとブーツの新品を調達。なぜこの時期に変更したかというと...

 

1.単純にブーツが壊れ気味だったので、買わなくてはならなかった

2.ビンディングもセットで買うと値引けてお得な為

3.3月にもなれば、値下げ率が大きい

 

という事で、神田を散策。色々見回ったものの、

過剰接客やタメ口接客を避けてたらじっくり見れない。。

 

そんな中、

FUSOという店が値引き率高く、

 

・DELUXE ID5.2(インソール付き) 

・UNION FOUCEが、6万ちょい

 

で買えるので購入。

 f:id:ktg6:20150405112104j:plain  f:id:ktg6:20150405122952j:plain

さて、装備だけはテク選仕様並みになった☆

 

バッジテストは、会津たかつえ高原のスクールで受ける事に。

 

このスクールでは、バッジテストキャンプなるサービスが! 

¥11,000(事前講習料込み)で2日間、みっちりと教えてもらえるプラン。

 

実は昨年2級を受験した際も、このキャンプでお世話になって晴れて合格! なので今年も受講を狙ってました。

 

「そもそもスノーボードのバッジテストとは、」

 

5級~1級まであり、滑走技術を認定する制度。

 

3級まで

レッスン内の滑りをみて判断 ⇒ OKなら取得

という流れ。

 

2級からは

ロングターン(1級は4回転、2級は4~5回転)

ショートターン

フリー

 

3種目で実技を行う。1種目70点前後の点数がつき、

合計210点以上は合格210点未満は不合格となる。

 

朝3時起きで準備し、車で突撃~ 宿泊予定のペンションへ到着し、

リフト券をもらってスクールへ。

 

ホットワックスをかけてもらおうとした所、ビンディングの向きが

ノーズとテールで逆だと気づく(><)

 

使用ボードのtotoはツインチップなのであまり問題ないのだけれど。間違えてセットしてしまう道具類に疎い私。。

 

レッスン内容は以下のとおり

 

1.基礎練 (角付けのみのターン練習、体軸の傾け方、加重 など)

2.各種種目練習(ロングターン、ショートターン、フリー)

3.模擬検定(動画撮影付き)

 

一人一人順番に滑り、下でみているインストラクターに

アドバイスを頂くという内容。

 

ここで重要な事を学ぶ

それはスノーボードの基本となるポジション!

 

私の従来の考え → 板と水平に体の向きを保つ

教わった考え → 足のアングルが傾いている分、体のラインが

         板からはみだすのが自然

 

そう、

足のアングルは

前足10°~20°以上、

後ろ足10°~0°以下

というセッティングにしている人が大半です。

 

その分体が傾いているので、

結果板から水平よりもやや左向き(レギュラーの場合)

になるのが自然なのです。

 

従来の考え方で滑っていた私は、左の手や肩が体の内側に入ってしまい、

その結果ターンがずれる状態でした。その癖を直すよう意識し、練習練習!

 

また、受講生に共通する点として、

ターンの加重ピークが遅いという事。

谷回り中盤にピークがきてほしいのに、加重や運動が終盤で

やっと本気になる模様。。

 

さらに、後ろ足加重になりがちな点も。

 

板を走らせるのに、ターン後半では後ろ足に加重するという

理論があります。

 

が、そうすると切り替えの運動量も多く必要となり、

遅れてしまいがち。

 

そうならない為にセンターで加重する事を教わりました。

 

ひとつを直すと、他がおろそかに。。

という苦難もありますが、それでも練習あるのみ。

 

最後は模擬検定! 

そんなこんなで初日はあっという間に終了!

模擬検定で自分の動画を見返した所、

 

・ やはり腕が内側に入っている

・ 体軸の傾きが少ない

・ ヒールサイドターンの角付けが弱い

 

といったことが客観的に確認できました。やはり動画でみると、

 

自分でイメージしていた滑りと実際の滑りは全然違う

ことを思い知らされますw

 

ロングターン、ショートターン共になんとか70点という程度ですが、

フリーがなんとも微妙。構成を...

 

○ロングターン3本

○ショートターン

○最後にロングターン数本

 

としましたが、どうしても失速してしまう。

 

そこで、最後のロングターンを諦め、

ロングターン⇒ショートターンのシンプル構成で行く事に。

 

宿はペンション森の小人

http://morinokobito.com/

リフト2日券込みのプラン。

お一人様2食付で¥12,800ぐらい。夕食は洋食コース料理を美味しく頂く。

 

後はフリーで風呂入ったり、スマホいじってたり。

自由気ままさが一人旅の醍醐味~

 

2日目

 

朝数本滑って各種種目の練習。

 

ゲレンデは晴天。バーンコンディションは、日ごと、午前午後ナイターでガラりと変わる為、対応できるよう気をつけないと(OO)

 

バッジテスト1~2級受験者は、キャンプ参加者6名+6名の計12名

 

本番前に、受験者全員でデラパージュ(横滑り)して、検定バーンを平らにしていざ本番!

 

本番はあまり緊張こそしなかったものの、スピードを控えめで守りの滑りに(><)もっとガンガン行きたかったなぁ~

 

全種目が終了し、発表まで時間があるので少しパークでキッカーなどに入ってすっきり(OVO)

 

結果発表

f:id:ktg6:20150405125355j:plain

ロングターン70点

ショートターン70点

フリー70点

 

ギリギリ合格!! 

最近の出来事で一番嬉しかった♪♪ 今シーズンで絶対とるって宣言してたから、プレッシャーもあったけど努力が実って嬉しい。

 

目標があって、宣言したらやらなきゃカッコ悪いし、達成したいから頑張れる!

 

結局は、正しい方向でどれだけ努力できるか、がその人の能力だと実感しました。

 

その手段として、ビジネス本のうんちくやらでモチベーションを高め、修行!これがダレる怠惰な私が結果を出す良い方法となっています。

 

今回はなんとか受かったものの、まだまだ下手っぴなワタクシ。C級インストラクターを堂々と名乗れるよう、もっともっと高みを目指していきたいです!

 

次のスノボネタでは、個人的なバッジテスト対策を綴ろうと思います