転がる先の杖

多趣味・多動をモットーに、転がり続けながら己を磨く日々を綴ります

コインチェック騒動でネム盗難被害者 1/26万人な僕の資産の行方...

スポンサーリンク

GOX or ALIVE ??

コインチェック騒動でネム盗難被害者 1/26万人な僕の資産の行方...

こんにちは、ktgです。

2018年、早くも1/12が終わります。終わりました。。 良いお年を〜! 明けまして〜以下略 なんて言ってるのが遠い昔のように感じるのは、きっと中年への階段がうっすらみえてきた僕だけではないはず...

さてさて、2018年始まって早々、一番ホットな話題に仮想通貨関連のお話があります。

2018年1月26日 正午ごろ、仮想通貨取引所 大手のコインチェックから突然、ネム(NEM)の入金が制限

それと同時に、売買も制限され、しまいには取り扱っている全通貨(日本円含む)の出金まで、封印される事態に。

時価580億円分にあたる、5億2300万ネムがハッカーに盗難されてしまうという、大騒動に発展してしまいます。

なんと、わたくし被害者 1/26万人の内一人となってしまいました・・・

これがプライドのヒョードルみたいに、強さの表現ならばカッコいいんですがね...

コインチェックでは、いち早く現金での返済を表明していますが... そもそも数百億円も用意できるのか...

凍結されてしまった僕の資産は、一体どうなってしまうのか...?

たまたまイチ被害者になった一人として、仮想通貨を始めたきっかけや、経緯、今後の方針などを素人ながら語ってみます。

どうぞご覧下さい!!

今回の事件を受けてハードウェアウォレットを購入! 使い方を詳しく解説しています!!

www.ktg6.com

コインチェックのサービスの安全性に関するページ

coincheck.com

マウントゴックス事件の解説記事

kasou2ka.jp

2017年の軌跡

仮想通貨取引を始めたきっかけ

目の前に訪れている事件を語る前に、軽く過去を振り返ってみます。

2017年は仮想通貨元年と言われ、一般層に届くほどの盛り上がりをみせてくれました!

TVではCMが渦巻き、出川氏、ローラ氏など有名人(ガクトさんも...)のPR効果も合間見合って、認知度は相当に向上したのではないでしょうか?

肝心の仮想通貨も、5倍、10倍は当たり前という、まさにバブル真っ只中。

僕がビットコインを中心とした仮想通貨を扱い始めたのは、2017年6月ごろ

存在自体を認知したのは2016年ごろからです。プログラミング界隈での勉強会などで、耳にして知ったものの、そもそも買ってみようというところまでは及びませんでした。(興味自体はありました)

そんな僕が実際に購入に至ったきっかけは、何と株!?

当時、Twitterにてリミックスポイントを一押しするツイートが、たまたまフォローされた株クラスタ経由で流れてきました。

※リミックスポイントは、仮想通貨取引所ビットポイントの親会社にあたります。

それまで、中小新興株については、全く関与していなかったのですが、仮想通貨自体は将来的に伸びてくる! と感じて、5月29日ごろにリミックスポイント株を購入してみました。

仕手筋の介入もあり、出来高も1,000万超えの日が多く、非常に乱高下が激しかった当初。

数十万が一瞬でプラスになったり、マイナスになったり。

6/6に1,000株740円ぐらいで握りしめてホールド!

6/12に1,400円台で売却し、個人的にはそれなりに利益が出せました(その後、下手に手を出して結局トントンで終わりましたが...)

マイナーではあるが、取引所として評判の良かったビットポイント。株の利益でお世話になった事もあって、口座を開設してみようと考えました。

ビットポイントで口座開設

分裂前に購入してみた

仮想通貨の王道、ビットコインが2017年8月に分裂しました。

この頃は、ビットコインがハードフォークするか、しないか

した場合、価値(分裂したそれぞれのコインの価格)も分かれるのかどうか

が、注目の的でしたね。

高値掴みだけが怖い。。 過去のチャートからみると、当時の1BTC=25~30万の価格帯ですら、かなりの高値圏です。(2017年年初は11万少々)

口座開設が完了したのも、7月後半ごろ。ハードフォークを理由に、20万前半まで下がってくれたので、試しに1BTCを26万円くらいで購入

予想にあったとおり、ハードフォークは行われました。ここで一旦売って様子をみる。という選択をとることに。

その後、ビットコインキャッシュが誕生。分裂したら、価値が大きく変わるという見方も多かったのですが...

ビットコインキャッシュが誕生しても、ビットコイン自体の価値は落ちるどころか、時間経過と共にどんどん伸びていきます!

なので、分裂前にビットコインを大量に買って持ち越していた人が、大正解でした。

ビットコインキャッシュは、8月半ばに1枚10万円近くまで急騰!!

ビットポイントでは8月27日から取引するとのことで、残念ながら当時は指を加えてみているだけでした...

一方、コインチェックでは8月半ばには取引できていたので、2万→10万までの間に売買できていたのです。

この時は、コインチェックでビットコインもっておけば良かった... と嘆きました。

コインチェックの口座も開設する

ビットコインを買う前、たまたまプログラミング系の勉強会にて、アルトコインのリップルに関する情報を教えてもらいます。

・送金速度が圧倒的に早い

・ゆえに実用性抜群

・金融機関からも注目されている

そんな特徴を持つリップルにも興味を持ち、取り扱っている取引所がないか調べてみました。

その結果、当時は海外取引所か、コインチェックが取り扱っていると分かります。(他にもあったかもしれませんが、当時は知りえませんでした)

コインチェックは手数料が高いといった批評が多く、海外取引所は、口座開設にあたり、英語でのやりとりなど、高いハードル、相応のリスクがあり、迂闊に手を出しづらい

とりあえず、アプリが非常に使いやすくて便利なコインチェックを使ってみることに。

これが、僕がコインチェックを利用したきっかけでした。

紆余曲折あるが、なんとかプラス収支で終える

コインチェックで買ったアルトコイン(リップル、ライトコイン)は全て損切り... という悲しい結果に。

逆にビットポイントで買った、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュは、利確できました。

これは、取引所の問題ではなく、単にタイミングと本人のセンスの問題であっただけですな。あはは...

12月に入り、チューリップバブルを彷彿させるビットコインの急騰で、残っていったビットコインをほとんど売却。

ちなみに当時持っていたのは、valu用に取ってあった、わずかなビットコインのみ。

残念ながら、このビッグウェーブには上手く乗れませんでしたね... 押し目を待つも、昨日100万で買えたものが、120万になって買えるはずもなく。

アルトコインの損切り分を踏まえても、なんとか数十万はプラスという結果で終われました。

2018年の経緯

リップル暴騰で決意

メジャーなアルトコインでは、リップルが12月にかけて大暴騰

12月まで20円⇄30円の繰り返しだった値動きが、中旬にかけて80円前後まで上昇。年末年始にかけて、100円→400円まで一気に急騰をみせます。

最初に買った分をガチホしていれば... と、急騰をみているだけの僕は、何度も思いましたよ。(投資やってる人は誰もが通る道ですがねぇ...)

他のアルトコインも、4~5倍上昇は当たり前の急展開。まさかここまで一気に伸びるとは...

狙ってた銘柄が急騰してしまったら縁がなかったと諦める

というルールを株式投資で徹底していたのですが、さすがにこれは見送って後悔しました。。損してないのに、損した気分になるのが投機の怖いところ...

ただ、高値掴みだけはしたくなかったので、落ちてくるのをひたすら待ちます。

ビットポイントと、コインチェックで投資(投機)資産を分割し、暴落時をコツコツ拾ってガチホールドで年単位寝かせる作戦を決行!

暴落時にちょこちょこ買い足すも...

1/10ごろから、少しづつリップルを買い足して、1/17の大暴落時にも買い増し。

とにかく、全力で投資せず、急落をひたすら拾い、よほどの急騰があれば売る。というスタンスを貫くと誓ってトレードします。

1/17は、全通貨急落していたので、チャンスとばかりに、

・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ

・リップル

・リスク

・ネム

を買い増し。その後、リップルでは+70%とかいう訳のわからないリバがきて、ここで売って利確しようか悩みましたが、年単位のホールドを決めていたので見送り。

この選択が、後々大問題に巻き込まれるとは、思いも寄りませんでした... はぁ〜...

コインチェックからのメールで発覚→ネット上で大騒ぎに

あとは、周知の通り。資金をロックされてコインチェック分の資産は身動きできない状態です...

やったこととしては、

・資産のスクショをとる

・日本円を銀行口座に送金処理(手続き中で放置されている...)

・ハードウェアウォレットのLedger Nano Sを購入

・Ledger Nano Sへの送金テスト、運用計画、バックアップ対策← イマココ

ぐらいですかね〜。

ここ数日(2月1日~3日にかけて)、多くの仮想通貨コインが大暴落しているので、機会損失が半端ない人も多いかと思います。

これは、ネム盗難事件に加え、テザー疑惑による影響が大きい模様です。

chibicode.com

また、業務改善命令を出されていたコインチェックですが、2月2日に金融庁の立ち入り捜査というメスが入りました。

  • 返済能力あるよ派

  • そんな大金払える訳ないだろ派

  • 生存説

  • 破産・倒産説

などが出回り、専門家の間でも意見が分かれ、先行きが読めない状況となっています。

顧客の資産が毀損されて返ってこないというのが、一番あってはならない事態ですが、まだまだどうなるか分かりません。

僕個人の意見です

まず盗んだ犯人が絶対悪い!

被害者でもあるが、セキュリティーに穴があり、資産凍結で顧客に多大な機会損失を出しているコインチェックの責任も当然大きい

最後に、ハードウェアウォレットの対策を全くしなかった自己責任... という事で考えています。

※あくまで僕個人の感想です

最悪のGOXパターンとなってしまう事前提で、お金は返ってこないものと半分諦めている状態です。

口座に入れていた資産も、僕個人の感覚では決して少額ではなく、ボーナス1回分ぐらい。。

これが完全に飛ぶのは、長期目線でいた者としては、非常に痛い... 泣けますよorz

それでも、僕なんかは最悪なくなっても死にはしませんが、数百、数千万単位の資産を凍結されている、あるいは利確→税金のコンボで首が回らない方も中にはいらっしゃるかと思うと、寒気しかしません...

ALIVEを祈るのみ

被害者の立場としては、何よりも無事資産が返ってくる事を願っています。全額とはいかなかったとしても、極力返せるものは返ってきてほしい。

そして、せっかく盛り上がってきた仮想通貨の火が消えてしまうのが、何より悲しいです...

ビットコイン始め、仮想通貨のボラが大きすぎて、実用性に乏しいのですが、まだまだこれから。

個人としては、海外送金や為替を介さない現地での利用、東京オリンピック時のインバウンドでの活用を期待しています。

なので、今回の事件があり、価値が仮に僕が始めた当初に戻って大損しても、僕はホールドを続けるつもりです。(もし12月-1月ほどの急騰があったら売りますがw)

※コインチェック→ハードウェアウォレットへ移します

恐らく、今後も今回のような盗難事件や、それに付随したセキュリティー問題、取引所の信用問題、財務問題が所々降りかかってくるはず。

そういった問題をひとつひとつクリアし続けて、改善を繰り返して発展していくものと考えています。

世界中の仮想通貨に希望を寄せる人たちの為にも、今回の事件はできるだけ円満に解決して欲しいと祈っています!

ご清聴ありがとうございました!