転がる先の杖

多趣味・多動をモットーに、転がり続けながら己を磨く日々を綴ります

格安SIMが目に見えておトクなのに、切り替えない人が多いのはなぜ?

スポンサーリンク

スマホ転倒

格安SIMが目に見えておトクなのに、切り替えない人が多いのはなぜ?

どうも、ktgです! スマホのキャリアを格安SIMに切り替えて、約半年が経過しました。

通信費がガッツリ抑えられて、貯金が捗っています!

キャリア(ソフトバンク)の時は、iPhone6の月賦込みで契約の2年間、月額で8,000~9,000円くらいかかりましたが、現在(Lineモバイル)は2,300円ほど。

スマホはファーウェイP9を45,000円で購入しましたので、これを24ヶ月で割ると1月あたりの代金は1,875円

合計すると、だいたい4,000円前後になるので、実質半額になっています。スゴ~イ!!

これはイイね!! と思って、周りの知人と話してみるも、みんな存在自体は知ってて、メリットは分かるけど…

なんだかんだ3大キャリア(DOCOMO、au、ソフトバンク)を使い続けて、結局変えないまま。という人が多いこと多いこと…

使い方にもよりますが、殆どの人が目に見えて安くなるというのに… なぜ多くの人は格安SIMに変えたがらないのでしょうか?

私なりに考察してみました。

他の参照サイト

www.simfree-life.jp

格安SIMについて

格安SIMとは… CMでよく目にするUQモバイルだぞ! とか、楽天やDMM、LINEなど、聞いたことがない人は少ないでしょう。

スマホの通信は、大手キャリアの通信設備(LTE、4Gなど)を介して電話をしたり、ネットをみれたりする訳です。

それを間借りして使っているというのが、格安SIM会社となります。

また、よく聞くキーワードとして、「MVNO」というものがありますが、これはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)です。

対する、「MNO」とはMobile Network Operator(移動体通信事業者)です。

つまり、Virtual(仮想)がつくかどうか、という点が違いとなります。


通信設備をもっている事業者(DOCOMO、au、ソフトバンク) ⇨ MNO

格安SIMの会社 ⇨ MVNO ※Virtual(仮想)がつく


という風に分類されます。

参照サイト↓

simchange.jp

スマホの通信はどう繋がっているのか? 、が、詳しく解説されています

www.hummingheads.co.jp

電話と通信の仕組みは、下記のサイトに詳しく解説してありました

www.ntt-east.co.jp

格安SIMのメリットは??

筆頭に上がるのは価格です!

同等のプランにした場合、ほぼ間違いなく安くなる事は間違いないでしょう。

私の場合…


【ソフトバンク ホワイトプラン7GBを使っていた時】

内訳

基本料金 934円 +

パケットし放題フラット for 4G LTE 7GB 5,700円 +

iPhone月賦割加算分 + 電話メール代 1,000円~2,000円

【LINEモバイル 7GBに変更した結果】

内訳

音声通話SIMプラン 7GB 2,880円 +

国内音声通話料 (SNS送信料込み)300円

電話をLINEやLINEOutなどで補った場合、なんとたったこれだけ..!!


とまぁ、だいぶ違いがあります。

今は、ソフトバンクにスマ放題やギガ放題があるので、使い方によっては肉薄できそうですが、いかんせん数千円は確実に安くなりますね。

さらに、会社ごとに色々なオリジナルサービスがあります。

私が使っているLINEモバイルでは、SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)の通信量がノーカウントになるサービスが標準でつきます。

↓↓↓

LINEモバイル

BIGLOBE SIMでは、YouTube、Google Play Music、Apple Music がエンタメフリー・オプションでノーカウントです。 (音声SIM:480円/月 データSIM:980円/月)

↓↓↓

BIGLOBE SIM/スマホ

他にも色々ありすぎるくらいありますので、気になる方はまとめサイトなどで確認してみて下さい。

デメリットは?

考えられるデメリットをあげると、

  • 通信速度・品質などが悪化する

  • キャリアメールが使えなくなる

  • キャリアの解約がしづらい

  • iPhoneをセットで購入できない

  • 店舗対応の会社が少ない

などの要因が挙げられます。

これは、そのまま格安SIMに切り替えない理由にも繋がってきます。


■通信速度・品質などが悪化する

 ⇨これは会社によりけりで、安定している所だと問題ないようです。体感的にLINEは早くて安定しています。

■キャリアメールが使えなくなる

 ⇨結構キャリアメールを活用している方は多いみたいで、なくなると困る人はそりゃ変えられないですよね…

■キャリアの解約がしづらい

 ⇨解約は本当にめんどくさかったので、お気持ちはよく分かります。。

■iPhoneをセットで購入できない

 ⇨iPhoneユーザーは本当に多いので(特に女性)、セット購入できないのは痛手です。

■店舗対応の会社が少ない

 ⇨年配の方は、ご自身での変更作業が難しいという方が多く、結果キャリアの店舗に頼りきりなケースが目立ちます


実際に知り合いに理由を聞いてみた

知り合い数名に、格安SIMについて話をしてみました。主な切り替えない理由としては、以下のような順位になります。


切り替えない理由

1位:めんどくさいから

2位:機種変更したばっかりで2年縛りが残っているから

3位:現状、特に不満がないから


1位:めんどくさいから

とにかく、めんどくさいようです。みなさま。変化を好まないという。。

解約する手順は確かに面倒なことが多いです。そこまでして、変えようと思わないのでしょう。

2位:機種変更したばっかりで2年縛りが残っているから

回答で多かったのが、すでに機種変更してしまって、あと〜年〜ヶ月の契約縛りが残っているという件。

お金だけで考えれば、違約金払ってでも変更した方が、後々しっかりペイできておトクかと思いますが…

頭では分かってても、じゃあ切り替えよう! とは、いかないものです。

3位:現状、特に不満がないから

お金が安くなるとは分かっていても、普段使いで不満がないのです。

最近のスマホはどれも高性能ですし、お金が高い以外は、通信品質も良く、電話代もかからない事が多いキャリアのプラン。

そこまで手間暇かけてコストダウンに励もうとは思わないようです。

格安SIM会社の比較、普及度

以下のサイトから確認しました所、

ICT総研|市場調査・マーケティングカンパニー

■ MVNO「格安SIM」利用者シェアは、楽天モバイルが20.9%でトップ。

■ 「最適な料金プランの有無」、「コストパフォーマンス」に対する平均満足度が他より高い。

■ データ通信の速度はUQモバイルが満足度トップ。事業者に対する信頼性はIIJmio。

■ MVNO「格安SIM」契約数は、2017 年末に990万契約まで拡大すると推計。

という結果に。

格安SIM会社では、楽天モバイルが一番利用率が高いようです。

↓↓↓

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

2017年度上期の利用率ですが、おおよそ1割前後だそうで、認知度に対してまだまだ全然普及していない状況です。

思い切って切り替えるのを強くオススメします!

月々4,000~5,000円は安くなるのに、それをめんどくさいで見送ってしまうのは、いささかもったいない気がします。

www.landerblue.co.jp

通話しまくりだったり、どうしても通信品質を優先したかったり、キャリアメールを使い倒すほど使ってるとか、お金に余裕があるなら、まぁ分かるのですが…

大体の人は格安SIMで問題ない使い方じゃないかな〜?と感じる今日この頃。

なので、このサイトをみてくれていて、どうしようか迷っている方は、いますぐ行動しましょう! 違約金? 後からいくらでも取り返せる額ですよ!

今後格安SIMがもっと普及して、競争激化でよりお手軽なお値段になることを期待しています!