読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。旅をしながら働き、生計を立てられるようになるのがささやかな夢!

システムアーキテクチュアナレッジのUnityゲーム制作基礎コースを受けてみた感想

スポンサーリンク

Unityのロゴ

システムアーキテクチュアナレッジのUnityゲーム制作基礎コースを受けてみた感想

独学でUnityを始めたはいいが、詰まってしまった…

そんな経験のある人はご多分に漏れず、多くいらっしゃるかと思います。分からないところは一人で悩まず、人に聞きたい。基礎の基礎から体系的に学習したい。お金を払う事で集中して真剣に習いたい。

そんな気持ちで、私はUnityの有料講座を探し、システムアーキテクチュアナレッジのコースに辿り着きました。

実際に受けてみた、「Unityゲーム制作基礎コース」やシステムアーキテクチュアナレッジの率直な感想などを綴りますので、何か参考になれば幸いです。

システムアーキテクチュアナレッジのHP

www.networkacademy.jp

概要

この授業のカリキュラムは、

約2ヶ月間、毎週末の講座を経て、簡単な2Dアクションゲームを作りながらUnityでの開発を学ぶ、という流れ。

※私が受講していたのは、2016年8月ごろだったので、現在は変化しているかもしれません

AM10:00 ~ PM 17:00 と、およそ1日近く用いて、オリジナルテキストに沿って授業を行う。 (12:00 ~ 13:00が休憩時間となる)

受講生は、私含めて5名だった。(募集している回の参加者数による)

講師

私たちの時は、会社の受託案件も担当している現役のエンジニア(ゲーム系ではない)が講師を担当。非常に教え方が上手く、分からない所の説明にも長けていたので、受講者全員の打ち上げでも評判はとても良かった。

些細な質問にも熱心に答えてくれたので、初心者にとっては申し分ないかと。

秋葉原校について

場所は、秋葉原校。JR秋葉原駅から徒歩5分ほどの距離。

近くに飲食店が多く、お昼に食べるランチのレパートリーには全く困らない。

ウォーターサーバーが設置されており、コーヒーも飲める。読み物は、日刊工場新聞や技術書がある。

自習目的での活用も勿論OK。スクール受講履歴がある人は、講義を受け終わってからも使い続けて大丈夫なようだ。(講師の話では、1年以上通い倒した猛者がいるとか)

授業で使用する教室は決まっていて、席も最初に着いた場所で固定となった。

環境としては、設置してある固定のPC(Windows)を使って授業を進めていくイメージ。

なので、自分のPC環境で作りたいという人向きではない!(データはクラウドに入りたりして持ち帰って進めてもOK。自分はそうしていた。)

その代わり、UnityProで開発を進められるという利点もある。

授業内容

Unityの基本操作、各種説明が1,2回ほどあり、その後C#の説明が1回、あとはレジェメに沿ってゲームを作っていく。ゲーム開発期間は最後の2日間ぐらい用意されていて、分からない事は講師に質問できる。

実際に作ったゲームは、Unityちゃんを動かすアクションゲームだった。無料アセットなどに沿って、ある程度開発の雛形はあるので、テキストに沿って進めれば問題ない。おおよその作り方(Animator、スクリプトなど)を学んだら、あとは自由に何を作っても構わない。

受講した人の中には、サンプルゲームと全く関係のないものを作り上げてきた強者もいた。

実際に作ったゲームを受講者や講師にお披露目して終了となる。

勿論、Android機は用意されているので、実際にアプリを入れて動かせる。

注意点

これは私も他の受講者も惑わされたが、スクールの室長なる方が、制作物を企業向けに発表する機会がある。みたいな事を謳ってたけど、そんな事は一切ない!

転職エージェントとの面談はできるが、業界未経験者は全く相手にされない。転職を目的として受講した方が何名もいたので、この件はかなり不満だったようだ。

なので、就転職を主目的としてこのスクールに飛び込むのは辞めた方がいい!

あくまでプログラミング未経験者がUnityを学ぶ為の取っ掛かりとして利用する、ぐらいに考えるべき。

受講した感想

同じような境遇の人たちと、イチから学び合える環境というのは、刺激を受けていい経験でした!

講師の授業もとても分かりやすく、内容は満足しています。

ただ、プログラミング学習全般に言えますが、受講料は決して安くありません。なので、お金に余裕があり、独学でやるには意志が弱い、しっかり教わって学習したい、という方にはスクールがオススメです。

コツコツ学習できる人は勉強会、もくもく会で十分です。お金は技術書や別のところでかけた方が良いでしょう。

~PR~