読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

キッカー、ポコジャンを効率よく練習したいなら、待ち時間ほぼゼロのたかつえスキー場がオススメ!

スポンサーリンク

パークスタート地点

キッカー、ポコジャンを効率よく練習したいなら、待ち時間ほぼゼロのたかつえスキー場がオススメ!

穴場ゲレンデとして、根強いファンの多いたかつえスキー場

リフト前

先日の日曜日、練習に行ってきましたが、スロープスタイルコース直通のリフトが早くて効率よく回せて、とても便利です!

多分、3時間で70回以上のエアを練習できました。キッカーに絞るなら、たかつえスキー場はとても快適に回せますよ〜。(ハーフパイプも良い感じです!)

そんなたかつえスキー場の、スロープスタイルコースの様子を中心にご紹介します。

公式HPはこちら 会津高原たかつえスキー場 – 全エリアふわっふわのパウダースノー

スカイロード2のリフトについて

今回の練習で使ったのは、スカイロード2のリフト

公式HPのガイドでみると、赤印がついた箇所になります。

ゲレンデガイド

こうしてみると分かるように、スカイロード2のリフトと、イージーライドエンジョイパークの範囲がほぼ一緒です。

ということは、このリフトを使ってパークを流せば、最短最速でキッカーなどの練習ができるのです。

今回、残念ながら正確に時間などを計っていませんでしたが、1時間に5本ぐらいは回せたと思います。

さらに、1本降りてくるまでに、キッカーを最大限飛ぼうとすると、ポコジャンも合わせて5回ぐらいは飛べました!

キッカー中心の練習をしたい方にはガチで勧められる環境です!

イージーライドエンジョイパークの様子

まずは入り口の写真から

パーク入り口

リフトを降りてまっすぐいくとすぐにみつかるので、とても分かりやすく入りやすい配置になっています。

左が上級者、右が中初心者

パークスタート

キッカーが分かれており、左が8mキッカー、右が2mのポコジャンとなっています。

待ち時間はほどゼロ。並んでいる人もほとんどいません。タイミングによってはゼロだったりします。日曜でそんな状態なので、ガンガン回せます!

私はでかいキッカーを飛べるほど熟練していないので、ひたすら右で練習していました。が…

見た目たいした事なさそうなのですが、傾斜もあって浮遊時間がけっこう長いです。このポコジャン、ランディングがそこまで整備されていなかったので、着地した時けっこう衝撃がありました。

というか、思ったより飛んでしまった感がでます。しょっぱなはビックリすると思います。なので、余裕こいてあまりオーリーをかけすぎたりすると危険ですので、まずは慎重に飛んでみて下さい。

こちらは下からみたイメージ

スタート地点後ろから

あまり大きくみえませんが、油断は禁物です。。

大きいキッカーの様子は以下のようになっています

下からみた10mキッカー

8mキッカー

ランディングは長めに設計されていますので、そこそこ飛距離でても大丈夫かと思います。

8mキッカー2

横からのアングル

キッカー横からのアングル

中盤以降のキッカー

中盤からは、5mキッカーや3m以下のポコジャンがあります。種類も、ステップアップやステップダウンのタイプと2種類用意されているので、それぞれ練習できました。

こちらは右手がウェーブ、左がポコジャンです。

最後のポコジャン

ポコジャンは高さがあまりでませんが、その分簡単に入りやすいので、初心者はこのあたりのポコジャンで感覚を掴むのがよいかと思います。

このキッカーは3本目かな?

5mキッカー

以外と飛距離が出ないので、遅いスピードで入るとまずテーブル落ちします… けっこう早い速度で駆け抜ける必要がありました。ほとんどの人はテーブル越えスレスレでした。

こちらもステップアップ型です。

キッカー3

こんな具合で、各所にキッカーやポコジャンが散らばっているので、本当に良い練習ができました。キッカーは慣れがとても大事です。慣れる事で恐怖心に負けず、余裕ができてやりたい事を試せるようになります。

他のアイテムは…

レール

レール

ドラム缶

ドラム缶

レールやドラム缶がありましたが、基本キッカーが中心に配置されています。

ハーフパイプの様子

今回、全く入りませんでしたが、ハーフパイプの様子も撮影してきました。

ハーフパイプその1

ハーフパイプその2

ハーフパイプその3

こちらはハイクアップされている人を大勢みかけました。ガンガン練習したいのであれば、リフトを使わずひたすらハイクアップで回すのが一番良さそうです。

感想

ここまで、待ち時間もなくキッカーを効率よく練習できるゲレンデも中々ないでしょう。

とにかく空いていて、かつ雪質も良いゲレンデですので、もくもく練習したい人は足を運んでみましょう!