読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

平日にハンターマウンテン行ってきたので、状況とゴンドラ時間などを記載してみる

スポンサーリンク

ハンタマバーン

平日にハンターマウンテン行ってきたので、状況とゴンドラ時間などを記載してみる

やっとハイシーズンにスノーボードができた!

職場が忙しい中、何とか有給とって、平日のハンターマウンテンに行ってきました。

そんな平日のハンターマウンテンに関する情報と、ゴンドラの時間や混み具合なども調べてきましたので、そのレポートを紹介します!

公式HP www.hunter.co.jp

平日の駐車場混雑具合

私が着いたのは、ちょうど12時ごろ。

朝はダラダラしており、どうせ平日だし空いているだろうと踏んでましたが… 第七駐車場まで行くことに… このあたりはちょっと舐めてましたね…

第七駐車場の様子です。

ハンタマ駐車場

まさか、こんなに人がきているだなんて。

流石、週末激混みの人気ゲレンデ。レンデの近場に停めるには、朝早めにくるのが一番なようです。

上からの眺め

駐車場の様子

今まで、穴場ゲレンデばかり通っていたので、ちょっと予想外でした。

ゴンドラのレポート

お次はゴンドラのレポートについてです。

12:30と、13:30で、どのくらい人が並んでいるか、写真を撮って比べてみました。

こちらが12:30の様子

12:30ゴンドラ待ち

みな、お昼休憩しているからか、ほとんど待たずにゴンドラに乗り込むことができました。

次は13:30の様子

13:30ゴンドラ待ち

さっきよりも混んでます。その日の客入りや、状況によってまちまちだと思いますが、私がいった時は、12時台よりも、13時以降の方が混んでました(ちなみに14:30で帰宅)

ゴンドラの乗車時間

また、何か役にたつ情報はないか?と考え、実用性あるか分かりませんが、ゴンドラの乗車時間を計測してみました。

9:31:68

ゴンドラ乗車時間

乗り出してから、降りる瞬間までのおおよその時間です。これも、速度や計測タイミングによって違いが出ると思いますが、参考になれば。

ちなみに、私は頂上からの降り方として、

8マディソン・アベニュー → 5フォーティー・セカンド・ストリートミニパイプ・ポコジャン

という流れで降りてきましたが、大体10分以内

1時間に3本ほど、ゴンドラに乗って滑ってこれました。

基本はカービングで、グラトリやリバースターンの練習、パーク流しも兼ねての結果でしたので、純粋に速く降りることだけに特化すれば、4本いけるかもしれません(ただのチョッカリ滑りになりそうですが…)

ゲレンデについて

頂上からは、コース手前こそ人がいますが、滑り出すとほとんどいない貸切状態でした。

ロングターン、グラトリ、気兼ねなく練習できる環境です。

ハンタマバーンの様子1

ハンタマバーンの様子2

ハンタマバーンの様子3

雪の硬さもちょうどよく、硬すぎず柔らかすぎない、カービングには本当に最適な雪質でした。最高の勘違いバーンですw

パークについては写真を撮れずじまいでした…

パーク待ちはほとんどなく、多くて2,3人といったところです(ビギナーパークしか入っていない為、メインパークは不明)

感想

首都圏から近くて広いので、混雑している印象がありますし、実際そうですが。平日は駐車場さえ近くに停めれたら、本当に快適です。

ゴンドラをつかえば、フリーランを楽しみ、最後にパークを流せるというオールラウンドっぷり。スノーボードのあらゆる楽しみを堪能できるスキー場です。

平日ならば駐車場代もかからず、場所は他のどのゲレンデより近い。今後は平日休みがあればハンターマウンテンを積極的に活用する次第です。