読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

ソフトバンクからLINEモバイルに替えてみた結果...

スポンサーリンク

コストダウン

ソフトバンクからLINEモバイルに替えてみた結果…

昨年の12月14日から、スマホのキャリアをソフトバンクからLINEモバイルへと切り替えました。

出だしこそトラブルがありましたが、現状はメチャクチャ満足しています!

大手キャリアであるソフトバンクから、格安SIMのLINEモバイルへとMNPをしてみた率直な感想、LINEモバイルを実際に試した所感などをお伝えします。

www.ktg6.com

月額料金が1万円から2,200円に下がった

まず、なんといっても嬉しいのは安くなった事です。

最大で1万円近くかかってた月額コストが、なんと2,200まで下がりました!

ソフトバンクの内訳

ソフトバンクでは、

  • ホワイトプラン

  • データ定額プラン

  • 電話代

  • iPhone6の購入費

  • その他強制オプション

などの費用が発生していました。

この内、ほぼ固定費として約8,000円ほどとられ、電話などの費用が増えると1万円付近になってしまいます。

毎月1万円はけっこう痛いです…

LINEモバイルの内訳

実際の料金明細をスクリーンショットで写してみました。

2月の予定金額

LINEモバイル内訳1

1月の確定金額

LINEモバイル内訳2

1月は初月無料キャンペーンの対象となった為、ゼロ円でした。

私が契約したのは、コミュニケーションフリープラン(音声通話SIM)の5GBプランです。

私の使い方では、5GBだと全然足りないのですが、3ヶ月間 1ヶ月につき3GBもらえるキャンペーンがあります。

合計で8GBもあればいけるだろうという目論見で、この現状このプランで運用しております。

スマホはファーウェイのP9を購入

スマホについては、P9にするかZenFone3にするか、最後まで迷いましたが、P9で確定

iPhone6でも不満はありませんでしたが、指紋認証やカメラの機能が向上し、かなり満足したスマホライフが送れております!

通信速度は体感的に変化なし

格安SIMで気になるのは、なんといっても通信品質だと思います。

これは私もかなり気にしていて、キャリアの選定基準として通信速度が安定して早い会社を優先度高めに検討しました。

LINEモバイルは、10月から営業開始したばかり。まだまだ加入者の数が少ない為、回線が混雑せず、どの時間も快適にインターネットを活用する事ができています。(基本的には茨城での使用感覚)

月曜 12時ごろの通信速度テスト結果

f:id:ktg6:20170207203002p:plain

最大データ転送速度は、6.39Mbpsです。

このぐらいの速度がでていれば、特に不自由なくアプリやネットサーフィン可能でした。

金曜 18時ごろの通信速度テスト結果

金曜夜の速度

こちらが金曜 18時ごろの通信速度です。9.71Mbpsです。

日時や場所によって結果は異なるかと思いますが、通信品質に関しては現状大きな問題はなさそうです。

ただ、LINEモバイルはまだまだサービスがスタートしたばかり。今後、学生を中心に加入者が増えていく見込みで、そうなると遅くなってしまう可能性が高く、注意が必要です。

SNSのカウントフリーが地味にデカイ

私は、LINEtwitterfacebookを頻繁に使うのですが、これがけっこう通信量食います。

ソフトバンクでiPhone6を使っている時は、月にだいたい8GB~9GBぐらい使っていたのですが、そのうち1GB~2GBはSNSによる通信量でした。

それがカウントフリーとなるので、1月の通信量はだいたい7GBほどの通信量となりました。

SNSを頻繁に使うという方には、強くオススメできます!

まとめ

いまのところ、デメリットゼロです。電話も、LINEOutを使っているので、格安でかける事ができますし、懸念していた通信品質もバッチリでした!

格安SIMのキャリアとしては、決して安い方ではない価格設定のLINEモバイルですが、その分加入者が少ないので、いまいまはすこぶる快適ですよ〜。

検討されているかたは、ぜひ参考にしてみて下さい!!