転がる先の杖

多趣味・多動をモットーに、転がり続けながら己を磨く日々を綴ります

トランプラリー相場で確信した大相場での勝ち方を事例から紹介します

スポンサーリンク

大暴落の大相場では、大幅下落中に買い向かって、買ったらリバウンドするまで寝かしておく。

 

完全に私の持論です。賛否両論あるかと思います。状況やタイミング、銘柄によって一概にこれで勝てるとは言えませんが、私なりの経験から出した、比較的勝てる手法です。

※私は株歴9年で、トータルでたいして儲けてもいない所詮素人ですが...

世界中から注目を浴びた、2016年アメリカ大統領選

 

第45代大統領はドナルド・トランプ氏となることが確定しました。

www.nikkei.com

 

今後、日本にどのような影響がでるのか? 目が離せない展開です。直近で一番影響の大きいのが市況でしょう。

 

日経平均は一時1000円超える下落、トランプ氏優勢で全面安

 

当日、私は出社して普通に仕事してました。午前休憩の10:30に株価をみた限りでは、日経平均は17,400円ぐらいでした。前日比、200円以上の上昇です。やはり事前情報のとおり、クリントン氏が優先。

 

ところが、その後のトランプ氏優勢といった報道により、株価は急激に下落。お昼休みにみたら、なんと16,350となっていました。

 

為替も円が急激に上がり、105円台から101円台へ上昇。日本の市況は、もはやカオス状態です。6月のイギリスEU離脱問題の時と似たような雰囲気が漂っていました。

 

15:00の引けでは、

日経平均の終値   16251.54  (前日比)-919.84

という結果で終了しました。

 

日経平均の値幅は1315にも及び、イギリスEU離脱の国民投票に次ぐ、今年2番目の下げ幅となったそうです。

 

大衆は阿鼻叫喚の嵐ですが、これだけ激しい値動きというのは、それだけ大きなチャンスが待っているもの。そう、こういった世界中から注目を集めるほどの大相場は、得てして暴落してからリバウンドしやすい傾向にあります。

 

さて、ここで私のした行動は...

 

10:30:NewsPicksをみて空売りで入る

12:30 :空売りを買い戻し、買いを入れる

 

という事を行いました。一見無鉄砲にも思えるトレードです。なぜ、空売りで入ったのかというと、NewsPicksがきっかけです!ホント感謝です!!

 

ちょうど10:30からの休憩時間にみたNewsPicksで、大統領選の情勢報道がありました。その時、ちょうどトランプ氏がやや優勢気味だったのです。株価もチェックしていますが、17,300円付近。

 

仮にクリントン氏が勝っても、暴騰する幅はしれていると考えました。トランプ氏が優勢になった場合、イギリスEU離脱の国民投票に近いショックはあるだろう。自分の直感としても、トランプ氏かな〜と、ホントなんとなく感じていましたので、空売りを入れる事を決めました。

 

空売りするにも、どうせならリスクの低い高値圏に位置している銘柄がいい。と考え、監視銘柄で高値圏の水準にある、東京エレクトロンコナミをそれぞれ100株だけ空売り

 

f:id:ktg6:20161109231010p:plain

 

その後、お昼休み終了間際に思い切って買い戻し。

買い戻しのタイミングはかなり悩みました。正直、数日ズルズルと下落する可能性が一番高いと考えていましたね... 最後は直感です。

 

f:id:ktg6:20161109231047p:plain

 

f:id:ktg6:20161109231302p:plain

 

f:id:ktg6:20161109231314p:plain

 

結果

約2時間の間に空売りで5万4,000円ほど勝ち。

今回はNewsPicksのおかげで、絶好のタイミングで自信をもって取引ができました。

 

種は120万少々なので、けっこう控えめなトレードです。損する人が多い中、たまたま利益をとれたのですから、このぐらいの利益でもわりと満足です!買い増ししたのは、

  • トヨタ100株
  • ヤフー1000株
  • 丹青社100株
  • ガーラ1000株

です。まだまだ余力はありますが、明日以降も大幅に下がった場合に備え、ナンピンや買い増しする事を想定した買いポジションをとっています。

 

結果論ですが、日経先物は上昇しており(23:30現在、16,785円)、明日はGUの可能性が高くなってきました。買いポジは、明日の寄りで早々と売り抜けようと思います。

 

東日本大震災もBrexitもパターンは一緒。安く買って寝かせられたら高確率で勝てる!

 

細かい考察はまた別の機会にしますが、一番言いたかったのはこれです!株でも為替でも、基本はコツコツドカン瞬間で何かネガティブな出来事があって大暴落するときは、高確率でリバウンドします。

 

それがどのタイミングになるか、状況次第ではありますが、下落しきったときを狙って、買って寝かせる。これができれば、けっこう手堅く勝てるんじゃないかな〜と自身の経験から言えます。(それが分かれば苦労はしないので、ちょこちょこ買って枚数増やすのがオススメです)

 

とはいえ、みんながリスク回避したり、追証食らうほどの暴落で買い向かうのはメチャクチャ勇気がいります。私は、株はメンタルゲームだと思ってますが、こういう時に、冷静に機械的に判断するのはとても難しい。

 

実際に自分のお金をかけないで気楽に予想する分には、けっこう当たるものですが、いざ自分がトレードしてる当事者となると、そういう訳にもいきません。

 

ですが、非常時は右向け左こそチャンス! 気楽にやりとりできる程度の運用資金でやるのが鉄則です!

 

少なくとも、東日本大震災、Brexitの件においては、この手法をとっていれば、50%以上の利幅とれた銘柄が多かったでしょう。だが、実際に実践できる人は少ない。こればっかりは経験してみないと分かりません。

 

また、今年2月にあった中国懸念のような慢性的不景気だと、連チャンでズルズル暴落する事も珍しくありません。そういう時に買い向かうとハマります... あくまで、「一時的な大暴落」が狙い目です。(そう考えると今回ズルズル下がる可能性が高い)

 

今回、恐らくトータルで利益を上げられるであろうトレードができたのも、これまで

8年以上、必ず日々の株価チェックをしていて、経験から非常時の値動きを予想できたおかげです。

 

日々のコツコツ稼ぐトレードに加え、こういう相場でも手堅く勝てる(負けない)ようにしていきたい所存です! 

 

※追記

結局私は暴落を恐れ、早々と利確してしまいましたとさ。。 そのままポジって12月後半〜1月前半くらいに売れたら、+20万くらいは取れただろうに、握力もセンスもあったもんじゃありません...

どうしても、マイ転塩漬けの恐怖心があり、利益取れるうちにとっちゃおうという思考になってしまいます。

王道のバフェット流長期投資を実践できるようになりたいものです。