読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

Unityで作ったゲームをAndroidでテストプレイ

スポンサーリンク

Unityで作ったゲームをAndroidでテストプレイ

 

Unityで作ったゲームの検証・テスト用にAndroid機を購入したので、

備忘録として記載。準備に必要な事は、以下の通り。

 

⒈PCにADBドライバのセットアップ

⒉Android SDK(Android Studio)のインストール

⒊UnityでビルドしてAndroid機でテストプレイ

 

スマホ:Covia SIMフリー スマートフォン3G FELAZ NEO

PC:MacBookPro 13-inch, Mid 2012

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B017X11ODU/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

 

 

用意したスマホに関しては、Unityで作ったゲームの検証以外は使わない

予定なので、最低限の機能がついてなるべく安いものを購入。

 

以下のリンクを参考にして準備をすすめた

 

Coviaのabd接続方法

Covia FleaPhone CP-F03aをadb接続 | OSAKANA TAROのメモ帳

 

qiita.com

 

unity3d.sakura.ne.jp

 

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

ADBとは

 

ADBとはAndroid Debug Bridgeの略で、Android SDKに付属して配布されている開発ツールの一種です。

 

以上で準備は完了。無事テストプレイ事ができた。

さらに、実機を横向き固定でプレイしたかったので、方法を調査した。

 

スマートフォンでのプレイで向きを固定させたい時

 

⒈Bulid Settings を開く

⒉Player Settingsをクリック

⒊Inspectorビュー → Setting for Android → Default Orientation

 

f:id:ktg6:20160528194551p:plain

 

Auto Rotation:スマホの向きによって画面がスライドする

Portrait:縦のまま固定(デフォルト画面で固定)

Portrait Upside Down:縦のまま逆さま表示で固定

Landscape Right:右転回で固定(デフォルト画面で固定)

 

f:id:ktg6:20160528194356p:plain