読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

【読書レビュー】Books&Appsのブログまとめ本「仕事ができるやつになる」最短の道 がとても良い内容だった

スポンサーリンク

「仕事ができるやつになる」最短の道

タイトルで、「ありきたりな自己啓発・ビジネス書だな〜」

と思った方も多いと思いますが、

自分の中でベスト5に入る良書となったので紹介します。

 

この本を買おうと思ったきっかけ

 

ふとした日常で、facebookのタイムラインをみていた時、

とある経営者の投稿にてBooks&Appsの記事がシェアされていた。

 

何気なく開いてみたのだが、共感というか、納得というか、

気づいたらとても心地よい気分で文章を追っていた。

 

その後、気になってBooks&Appsのサイトを調べてみた所、

どれも頷ける内容で、仕事に関する記事が記載されていた。

 

そして著者の安達さんについて調べてみて、この本に行き着いた。

 

一度に大きな変化を起こすことは誰にもできない。何かを成し遂げようとするならば、それなりの準備や時間をかけて物事に取り組む必要がある。

 

内容

 

Books&Appsに書いてあるブログから、

仕事に関する記述をまとめた内容となっている。

 

仕事といっても、「仕事術」の類ではなく、「仕事観」に関する内容が

中心で、とある名もなき人々の体験談、失敗談、感想が中心。

 

これがとても共感できる。

 

大御所ビジネスマンの著書をみても、私を始め一個人からすると、

「〜さんだからできた事で、自分には当てはまらないな〜」と、

他人事にしか思えなかったり、下手に真似してともすれば痛い目をみたり

といった事が起きうる。

 

だが、この本は「あるあるw」と、どこにでもだれにでもありがちな

仕事に関する悩みについて、あるひとつの見解を綴っている。

これが押し付けがましい訳でもなく、非常にリベラルで大多数の人間が

納得できる内容となっている。

(勿論個人的にそこはちょっと違うかなという箇所もあるが...)

 

構成

 

第1章〜第6章までの6部構成。

それぞれ、「今日からできること」に始まり、

「一生かけてやる価値のあること」で終わる。

章ごとに、取り組む期間でテーマを決めて区切った構成となっている。

 

第一章:今日からできること「決意する」

第二章:1週間程度でできること「小さな変化を起こす」

第三章:1ヶ月以上しっかりと取り組むべきこと「信頼を積み上げる」

第四章:1年程度かけてじっくりと取り組むこと「努力を成果に繋げる習慣」

第五章:3年は取り組むべき大きなテーマ「リーダーシップとマネジメント」

第六章:一生かけてやる価値のあること「仕事でよい人生をつくる」

 

他の方が書いたレビューはこちら

kaku3.jp

 

l-s-b.org

 

stayfree-kj.com

 

stoicman.hatenablog.com

 

個人的に特に良かったと思う項目

 は以下の通り。

 

第一章

・50歳以上しか採用しない会社の社長が言った「人生の変え方」

・やってみたいは迷信、やってみたは科学

・目標を設定することは、とても大事だけど、同時にとても怖いことだ

 

第二章

・会話のコツは2つだけ

 

第三章

・社内営業はなぜ必要なのか?

・コミュニケーション障害は大別すると3つある。その解決策は?

・あなたのところに出入りする営業が、良い営業かどうかを見抜く方法

 

第四章

・失敗しない人を信用してはいけない

・成果を出したい会社員は少額でもいいから「副業」をした方が良い

・たった3日で身につけられたことは、皆が3日で身につけられる

 

第五章

・「頭の良いリーダー」と「行動力のあるリーダー」どちらに人はついていくか?

・ もし、あなたが会社で「成果を出している」社員なら

・「楽に努力せよ」という上司がいた

 

第六章

・「なんで働かないといけないんですか?」と聞いた学生への、

  とある経営者の回答

・ある社長が、「会社をつぶして学んだこと」を話してくれた

・「自分より優秀な人を挙げてください」と言われたとき、挙げられた

  人数がその人間の器を示す

・「仕事をやっていて、一番うれしかったことはなんですか?」と質問した

  学生への、ある管理職の回答

 

感想

 

50歳以上しか採用しない会社の社長が言った「人生の変え方」

50歳以上しか採用しない会社の社長が言った、「人生の変え方」 | Books&Apps 

そんな会社があるのか!? と思い調べてみた。みつからない...

他にも調べた方がいたようだが、具体的に分からなかったようだ。

 

この項目については、他の方が散々感想を述べてるのでさらっと。

人生を変えるのは、一発逆転の出来事ではなく、些細な日常の習慣です。「続けること」そのものに価値があります。

ほんとこれ。継続は力なりで、どんな才能をもっていても辞めてしまったら

それまで。逆にずっと続けられたら、それは特別な才能にもなりうる。

 

※向き不向きはあるので、好きでやり続けるのもいいけど、結果にこだわるなら

 自分が勝てる領域、勝負できる事を続けるのがよいかと。

 この件に関しては為末大氏の本が参考になった

https://www.amazon.co.jp/諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない-為末-大-ebook/dp/B00CZ584Y2?ie=UTF8&btkr=1&ref_=dp-kindle-redirect

 

年齢を言い訳にしないという事も大切。

現に、格闘技ジムでは40歳越えのおじさんが元気一杯に殴り合っている。

50歳を超えたイケイケスノーボーダーだって決して珍しくない。

何かを始めるのに遅すぎるという事はないのだ。

 

目標を設定することは、とても大事だけど、同時にとても怖いことだ

 

blog.tinect.jp

 

大人は可能性と引き換えに、目標を決めるのだ 

これも自分に響いた。

何しろ、新社会人になった当初の自分は、

各種スポーツでそれぞろ全国レベルになりつつ、

仕事も結果を出しつつ、

資格もとったりスキルアップしたい という、

途方にくれるような目標をもっていたような輩だ。

 

程度はあれど、絶対不可能ではないだろう。だが、それを達成するには

膨大な時間を費やさねばならない現実がある。

可能な限り、人付き合いなどを断ち切らなければならなくなる。

 

何かを成すには何かを諦めなければいけないという事を、

身を以て25歳ぐらいの頃に学んだ。

(とはいえ、それなりの目標は達成できているので、やはり自分次第だと思います!)

 

会話のコツは2つだけ 

blog.tinect.jp

「会話なんて、コツは2つしかない。相手が話したいことを聞いてあげること、相手が聞きたいことだけを話すこと。

これ。できない人がけっこう多い。自分も多少あるのだが、人間自分の好きな

事はぺらぺら喋りたくなってしまうものだ。

 

その時の意識は、話を聞いてくれている他人に、目を向かない場合が多い。

自己満の一人歩きになりがちだ。

 

よく見受けられるのが、職場の朝礼、夕礼。

朝礼だと、早く仕事を始めたいのに長ったらしい話で時間を削がれ、

夕礼では、疲労困憊でさっさと解散したいのに、くどくどした話で一層疲れる。

 

話は長く語ればいいのではなく、必要最小限で十分。

(雑談はその限りではない...)

話を聞きたがっている場合に限り、相手の反応をみて必要に応じて話せばいい。

 

社内営業はなぜ必要なのか?

「人事が示す評価基準は、ほんの一部」

人が人を正当に評価するのは本当に難しいと思う。

「じゃあ〜さん、同僚を評価してください。」 と、

いきなり言われて、一体どのくらいの人が客観的にみて公平に評価できるのだろうか?

 

よく思うのは、相性がいい、仲の良い、仕事のしやすい人を良く評価しがちだと

いう事。そりゃ、だれだって一緒にいて心地よい人と仕事したいし、自分にとって

都合がよければ評価は高いだろう。けど、それが万人からみて同じとは限らない。

 

だから、社内政治では根回しとか、ゴマスリが未だ有効な訳で。

数字の結果のみで評価できるなら、これほど楽な事はないでしょう。

 

成果を出したい会社員は少額でもいいから「副業」をした方が良い

blog.tinect.jp

 

副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。

 

「なぜ自分の作ったものは売れないのか」

「なぜ自分の作ったものは読まれないのか」

「なぜ自分の作ったものは使われないのか」

そういったことを考えぬき、修正して、やりつづけることは、最も効率のよいビジネススキルアップの方法だ。

個人的にはこの項目が、Books&appsのブログを知るきっかけとなった。

これは実際に体験して確信した。お金を稼ぐ事がどんなに難しいことか。

スノーボードのインストラクターをしてみて、1日4時間レッスンして4,000円の賃金。

散々準備して、練習して、怒られて... レッスンは一生懸命やって、

それでも満足に顧客の要望を満たせたとは言い難い...

 

スクールに所属してたから、まだ顧客を受け持てたものの、

これを個人でやるとすると... 果たして、半日4,500円も私に払って

レッスンを受講してくれるだろうか...?

 

それに引き換え、会社の残業。

2時間、なんらかの作業をしただけで約4,000円は稼げる。

同じ4,000円を得るのに、倍ほど時間が変わる。

 

個人の力でお金を稼ぐって、本当に難しい。

会社員は、保険も年金もコミで安定した給料をもらえる。

 

そのことが分かっただけでも、体験した価値は十二分にあった。

 

「楽に努力せよ」という上司がいた

blog.tinect.jp

 

何事もうまくやれるようになるためには、たとえ才能があったとしても努力が必要だが、その努力をどのように行うかは選択することができる。

すなわち、つらい努力をするか、楽に努力をするかである。

そして、つらい努力は長続きしない、というか、そもそもそれは単なる「苦痛に耐えている」であって、実は努力ではない。楽に努力をすること、努力を継続するための工夫も含めて「努力」と呼ぶ。

 

これは目から鱗だった。元々自分は意識が低く、勉強などの継続した努力が

非常に苦手だった。定期テストの勉強などは、どうやっても集中できなかったし、

机に向かう根性が試されているとしか思えなかった。

 

なんでそんな苦行だったかというと、目標やメリットが弱かったからだ。

勉強しても、どうせ忘れる。〜を覚えて何になるんだろう?

と、勉強はテストで点数をとる手法で、それ以外の大きなメリットを

考えることができなかった。役に立たせる方法を自分では思いつかず、

だれかが教えてくれるという事も、残念ながらなかった。

 

勉強を好きになったのは社会人になってからだ。

アウトプットがあり、それが人から評価されて自身の評判として返ってくるのが

大きなモチベーションとなった。

 

意志の弱い私が、自分なりに「楽に努力する方法」としては、

強制力をつけてしまう事だ。

 

例えば、

 

図書館やカフェにいって勉強しかできない環境に身を置く、

人に宣言したり、納期を作って強制力をあげる など。

仕事だって、始業時間が決まっているから何も考えなくても早起きできる。

納期が決まっているから、それに間に合わせる為に創意工夫できる。

 

これが休みの日になると、全然起きれません なんて人はごまんといる。

締め切りがなければいつの間にか辞めてた なんて往往にしてある。

 

一見、ストレスになりそうにみえるが、決して無理のない範囲で

(時には無理する事も成長に欠かせませんが)

頑張れる環境を自分なりに作る事が大切で、絶賛実践中。

 

「自分より優秀な人を挙げてください」と言われたとき、挙げられた人数がその人間の器を示す

 

 blog.tinect.jp

 

「身の回りで、自分より優秀な人間を挙げてみよ」と言われて、挙げることの出来た人数が、その人間の器の大きさだよ。」 

 

これに関しては、私はかなり得意。

即興で同僚の優秀なポイントはポンポン挙げられる。

 

自分が色々劣っているところがあるので、いかにそれを補うべきか

考えるうちに、自分より優秀な人に協力してもらうべき。という

スタンスで、これまで切り抜けてきた。

 

逆に、作業が正確で考え方も間違ってない人がいるんだけど、

人や制度の批判ばかりで対人関係に難があり、損をしている人がいる。

人は褒められると嬉しいもの。ちょっとした気遣いや言い回しの

違いで、人を動かせるかどうか、分かれると思う。

 

自分の会社を振り返ると、幹部になっている方々は、そのあたり

しっかりできている人ばかりなので、流石と思う。

 

以上。

 

個人的にかなり良本なのでKindleで2週し、実物の本で3週ほど読破。

さらに友達へプレゼントする予定。

 

基本は専門書で勉強しつつ、こういった本で自分なりの哲学や考え方を

磨いていきたいですな。