読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

英語力を高めよう 〜アウトプットから考えてみる〜

スポンサーリンク

英語力を高めよう 〜アウトプットから考えてみる〜

 

車の中で英語を垂れ流し聞いているうちに、

せっかくだからしっかり英語力を高めたい!

という欲が湧いてきた。

 

英語は、はっきりいって苦手...

しかし、Unityやプログラミングをはじめ、英語力があればもっと有利だよな〜

と思う場面は多々ある。

 

せっかくだから、英語のアウトプットする場(今できる事はテスト受験ぐらいだが)

を設けてみようと思う。 ブログで宣言すれば、投稿もできて強制力も高まるので

一石二鳥。

 

 

自身の英語歴

 

中学

  • 英検5級に落ちる...
  • 通知表は3or4

高校

  • 英検3級に落ちる...
  • 中間・期末テストで60点〜40点ぐらいの点数が続く
  • 大学受験勉強時、有能学生バイト講師から有名講師の勉強法を教わる

    →使った教材はコチラ

www.amazon.co.jp

  • 定期テストでなんとか90点以上がとれるようになる
  • しかし相変わらず苦手意識が高い

大学

  • 受験で積み上げた知識が抜ける
  • 授業にはあまりついていけない(リーディング授業の履修選抜にもれる...)
  • 単位とる為の最低レベルの取り組みになる
  • 公務員試験ではみないでヤマカン科目になる 

社会人

  • 海外駐在したいので、アピールの為にTOEIC受験を検討する
  • TOEICアプリをみつけ、再び勉強してみる
  • テストを受けるも、400点付近という結果で落ち込む
  • 彼女と別れたぐらいから勉強の習慣がなくなり自然消滅
  • 格闘技ジムに外国の会員さんがいるので話してみる(本人は日本語問題なし)
  • 意識高くなり、facebookでも英語の投稿などしだす
  • その後飽きて自然消滅

最近

  • 同じく英語苦手な友達が外資へ転職し、強制力から英語を勉強しだす
  • なぜか対抗意識を燃やす
  • スノボ旅で車のナビにDIOのリスニングCDを録音してみる
  • 道中、数時間流すとフレーズを覚えている箇所が増え、テンションあがる
  • プログラミングにも英語力あった方が有利じゃね?
  • 再びやる気があがり、頑張ってみる ← イマここ

という流れできています。

 

ちなみに高校3年時に買ったDIOは今も健在

使ってない時期もあるが、新品を買ってから12年間元気に活躍中

 

今は何をやっているか?

 

現在、やっている事として、

1.車の移動時、DIOのリスニングCDを聞いて自分も話す

2.隙間時間にDIOをみる、音読する

3.ほぼ毎日、TOEICアプリを1レッスンこなす 

 

TOEICアプリは2011年ごろからコレをやっている

TOEIC TEST実践トレーニング: お手軽に・実践的にTOEICテスト対策。206 | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

 

3月の学習状況 

f:id:ktg6:20160330211051j:plain

日曜に見事やり忘れているのが分かる

 

時間にして、1日あたり0〜30分ぐらい。

たった30分でもコツコツ続けていると効果はあるようで、

日常生活にて英語が出てきても、抵抗なく対応できる事が増えてきた。

 

英語学習の欠点

 

これは私がセンスないだけかもしれないけど...

勉強に時間がかかる、間が空くと容赦なく忘れる

という欠点がある。。 (なんでもそうですけど...)

 

忘れても、再び思い出す、覚えるなどの労力は下がるので無意味ではないのだが。

当たり前の事だけど、しっかり身につけるには半端ではダメ。

それ相応の努力と継続が必要。

その点、スポーツは怠けてもやり込めば、結構あっさりと元に戻りやすい

(陸上競技などはその限りでない)

スポーツ技術の方が、生涯自分の資産として残りやすいかもしれない。

 

アウトプットの手段

 

TOEICをもう一度受けてみる。やはり400点程度では終われない。

せめて500点は取っておこう。

 

一度TOEICを受けた時は、会場までの道程が面倒だったり、人ごみによる

試験当日のダルさ、2時間という長丁場に疲れる。

もう二度と受けるかっ と思ったぐらい。

今ならブログのネタになるかも!? なんて頭おかしい発想になっている 笑

 

また、当時の受験目的が、

  • 存在は知ってるが、一回も受けた事ないので試しに受けてみたい
  • 自分が現状とれるスコアはどのくらいなのか知りたい

といった程度の目的しかなかった。

 

さらに、実力判定なら自分で模擬試験やって自己分析すればいいんじゃない?

と当時強く思った。そこで、5月ごろに一度模擬TOEICをやってみる。

 

参考書なり、ネットで調べるなりで、できれば友達を巻き込んでチャレンジ。

そして6月ぐらいに1回チャレンジしてみる。これも友達を道連れに。

点数低い方がおごりね。ぐらい言っとけば、モチベーションも上がるでしょう...

 

ただ、これは飽くまで補強。今後、人生を変えるために今一番力を入れたいのは

Unityやプログラミング。ここはブレないように、楽しく取り組んでいきたいと

思います。