読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。旅をしながら働き、生計を立てられるようになるのがささやかな夢!

復活!

スポンサーリンク

年末年始から何らかしらのやる気がなくなってましたが、

最近になって復活しました!

 

なぜやる気がなくなってしまったのか?逆になぜやる気が復活してきたのか?考えてみました。

 

▪️なぜやる気がなくなったのか?

 

・母の看病を考えると、安定性が捨てられなくなった

・IT業界で働く知人と話した所、現状の自分ではブラック企業ぐらいしか入れない事が

 現実としてみえてきた

・そこそこな給料・恵まれた勤怠・まともな人間関係・精神的負担の少なさを

 捨ててまで、壊れる可能性大なエンジニアとして働く気がなくなってきた

・一度ダレてしまうと、そこまで切り詰めるのも馬鹿馬鹿しくなった

・ITエンジニアになる! というモチベーションが急激に下がり、

 目標がなくなってしまった

・色々諦めると、現状の心地良さに気づいた

◉満足してしまったがゆえに、頑張らなくてもいいや

 

という、言い訳だらけの意識低い感満載な理由があがってきました...

 

当初、現状に不満を抱きジョブチェンジしてやる!と奮起していました。職種はITエンジニア(PG)を希望。目的は、一生食いっぱぐれない、手に職的な能力を身につける為。

 

独学にITスクール掛け持ち、休日返上とそれなりに時間と労力を費やしてました。が、就職活動を始める前に、ITスクール併用の転職エージェントと面談する事に。

 

30過ぎた未経験者は厳しいとの声。もちろん、それなりの能力を得たら働き口はあるでしょうが、どこもかしこも悪条件の雨あられ。

 

IT業界の現状や自分のキャリアからの転職余地により、厳しい現実に負けました。。はい...

 

しかし、良くも悪くもコロコロ考え変わるのが私の特徴。

 

▪️なぜ復活したのか

 

・母の病気によるショックから回復してきた

・ダラダラ、ゲームや動画をみる日々に飽きてきた

・スノボやUnityの集まりに参加したらモチベーションがあがった

・良い条件の会社から面接確定のオファーがきた

・やはり同僚とは価値観が合わない...

◉現状を良くできそうな余地がでてきた

 

目標がなくなった私は、週末はスノボのイントラ業をやりつつ、余暇の時間は。。

 

ダラダラするのはとても楽しくラクで、家に帰ったらベッドまっしぐら。漫画みて、スマホアプリゲーム、ネットサーフィン、youtube、ニコ動回覧などなど。娯楽、堕落に明け暮れて楽しい日々を過ごしてました。

 

しかし、何も残らない。

 

積み重ねるものがない。

 

漫画や動画やネットだって、ずっとみていたらだんだん飽きてくる。

 

そんな中、とある大手食品会社からオファーが!条件も悪くない。仕事の専門知識を身につけ、円滑に回す事は難しそうだが、現在のキャリアを生かせるし、工場では確実に需要ある人材になれる。

 

となれば、学んで損な事などひとつもない。毎日が修行、蓄積の積み重ね。

 

という事で、私はどうも夢を追い続けて生きていきたい人なんだな〜と改めて実感させられました。可能性がないものには、価値を見出す事ができず、自分をよりよくする為の可能性を追って夢をみていたい。

 

隣の芝は青くみえますが、青くみえる芝がないと頑張れないのです

 

また、人がモチベーションとなってます。〜さんに負けたくない、〜のみんなにいいところをみせたい。など、競争心、自尊心というか、見栄、反骨精神があって、はじめて強い動機が生まれ行動に移せるのかな〜と。

 

だから、人からみられる事もない、人との競争もない満足した状態では、何かを頑張る事が難しかったと思います。

 

久々に行ったUnity勉強会のおかげで、Unityをもっと触ろう、何か作ろうという意欲が戻ってきました!(家でやろうとしても、ほとんどできなかった)

 

なので、今後は

 

・なるべくコミュニティーをうまく利用してモチベーションをあげる

・現職は維持しつつ、力を入れてきたPGも仕事で使う機会を作れるよう努める

・現職は維持するものの、キャリアアップ(転職)のチャンスには飛び込む

・働きながらやりたい事をやる

・ドライになりすぎず、人付き合いも徐々に増やしていく

・恋愛もそこそこやる気だしておく

 

というスタイルで行こう!と考えてます焦りが急激なモチベーションを作ってくれましたが、大事なのは継続。70%の力で長距離を走り続ける。そんなスタイルで、人生を充実させて生きていければ。

 

とりあえずは、今日この日を健康で終えた事に感謝しながら過ごしていこうと思いました。