転がる先の杖

多趣味・多動をモットーに、転がり続けながら己を磨く日々を綴ります

スノーボードの基礎トレキャンプに参加!

スポンサーリンク

2015年11月7日、8日、

 

スノーボードシーズンイン!

自分史上最速の初滑り。

 

場所は 軽井沢プリンスホテルスキー場

今回は稲川光伸さんの基礎トレキャンプに参加。

参加目的としては、一応曲がりなりにもC級イントラになった訳だし、

それに相応しい滑りができるようになりたいから。

しかも11月からやってるので、我流の癖がつく前に

正しいポジションを確立しておきたい!

 

さて、今回みっちり行った基礎トレですが、本当にだれでも一人でできる

内容となっています。こちらの書籍にある内容をそのまま練習しました。

www.j-n.co.jp

 

内容としては、

初日

・ツイストスライド

・腕組みターン

・パタパタウォーク

・チクタク

・テールアップターン

・オーリーターン

・足裏ポジショニング

・ドルフィンターン

 

2日目

・足裏ポジショニング(平地)

・エッジングジャンプ

・トラバースジャンプ

・直滑降からの急停止

・連続ジャンプターン

・腕組みターン

 

ひたすら基礎、基礎、基礎です。

腕組んだ状態でのターン練習が大半を占めています。

自分はどれも満足にできませんでしたが...

逆にできてないからこそ、自分の滑りを振り返って課題が分かってきました。

 

かなり体力を使うハードな内容です。

特に私はエッジングジャンプでかなり消耗しました...

ようはエッジを立てたまま、トゥサイド、ヒールサイド

共に後ろへジャンプしていくという練習。

 

やってみたが、全然進めず。。停止後ズレてしまう。。

ヒールサイドではポジションが後傾になっているせいで

ほぼ尻餅ついて転倒する始末。。

 

この練習はリフトに乗らなくてもできてしまう手頃な基礎トレ。

しかし、かなり難しい。相当なレベルでないと、まず転倒してしまいます。

 

しかも、連続でやるとほぼ間違いなく息切れするレベルに疲労。

いとも簡単に追い込まれました...

 

足裏のポジショニングについては、両足同時に動かすのではなく、

左右独立させ、前足から後ろ足へと動かすという事を徹底して練習。

 

これがまた難しい... ターンがずれないよう、ローテーションをなるべく

しないように心掛けていた私は、全然できていませんでした。

 

また、ゲレンデもバーンが荒れており、曲がりたい時にコブがあって

上手く曲がれないというケース多発。

 

そんな地形の中、稲川さんは自由自在にボードを操って細かいショートターンを

滑ってみせます。練習時のボードコントロールは、ズレがあってはいけない

シビアな動きを要求されており、奥深いものだと実感。

 

自分は参加者の中じゃ、特に出来が悪かったかな〜と思いました。。。

しかし、ここで腐っては意味がない!

 

教わった基礎練を一人で練習する時のメニューとして、

滑りに行った時はストイックに練習していきます。

 

逆にこれらの練習がこなせれば、大幅なレベルアップになるはず。

上手くなるためには愚直に正しく練習するしかないのです。

 

正直キツいキャンプですが、確実に上手くなりたい人には特にオススメです!