読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる先の杖

サラリーマンの傍、自力で食っていけるよう奮闘し、己を磨く日々を綴ります。 スノボの大会出場を目指し、オフトレに精を出してます!

通信教育フル活用!

スポンサーリンク

おはようございます

 

Unityの勉強をすすめております。勉強方法ですが、書物は

 


Amazon.co.jp: Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作: 浅野 祐一, 荒川 巧也, 森 信虎: 本

 メジャーな動画で

 


ドットインストール - 3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト

 

を中心に勉強中。

 

本より動画に興味が出たので、まずはドットインストールのUnity入門をこなす事に。

 

3分動画という事で、さくさくできる!反面、さくっとし過ぎて一回ではとても覚えられそうにない。。 

 

ここでバイブルとなっている勉強法の記述を思い出す!

 

学習と復習の割合 1:4

ぐらいがちょうどよい覚えたことを忘れないために、

・反復

・学習直後の復習

・間をおいた復習  が大切との事。

 

このあたりは、勉強に限らずスポーツでも全く同じ事がいえる。

 

例えば柔術でも技やムーブの一つ一つを繰り返し反復させないと、まず使えるようにならないからね~

 

という事で、初めてみるチャプターはささっとみて概要をつかみ、後で反復、数日おいてまた復習という進め方をしている。

 

ここまでは順調でありました。ここからごちゃごちゃしていく...

 

・プログラミングが必要で、これも覚えなきゃだ。。

・プログラム言語はC#かな

・いやまて、ドットインストールはjavascriptだ

・まずjavascripの講座を勉強すべき?

・テキストエディタ?何それうまいの??

・sublimetext3 インストール

・日本語化してみた

・使い方よくわかんね~し講座みようかな?

 

となり、迷走... さらに、脱線

 

schoo というこれまた通信教育にはうってつけのサイトをみつけてしまい

 

 


無料動画のオンライン学習サイト - schoo WEB-campus(スクー)

 

まずは何か作ってみようということで、

 

javascript入門を視聴しつつ、実践。簡単な割り勘計算サイトを作れたものの、Unityからは遠ざかっていく。。

 

自分はあれもこれも手を出して半端になる性分なので、やることを体系化してみる。

 

1.まずドットインストールのUnity講座を完了させる

 ⇒プログラミングは見よう見まねで

2.unity本を進める

3.プログラミングを中心に勉強(C#、javascript など)

 

という手順を検討。現状をまとめると...

 

・Unity開始

・本を半分くらい進める

・ドットインストールに移行

・プログラミングが必要で、これも覚えなきゃだ。。

・プログラム言語はC#かな

・いやまて、ドットインストールはjavascriptだ

・まずjavascripの講座を勉強すべき?

・テキストエディタ?何それうまいの??

・sublimetext3 インストール

・日本語化してみた

・使い方よくわかんね~し講座みようかな?

・schooの登録・視聴を開始

・ドットインストールに戻る ←いまここ

 

まずは1個1個こなしてから。やること多いけど頑張っていきます!